トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

静岡県の防災ブロガー

Author:静岡県の防災ブロガー
静岡県某所に住む防災ブロガー。30代独身。沿岸地域で一階住居に住むため南海トラフ地震の津波の恐怖におびえる日々。自宅の防災対策の研究のため、様々な防災グッズや津波シェルターの情報収集を行っており、マスコミ記者ばりの取材を行うこともある。地震や津波、防災の正しい知識を広げていきたい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


週刊現代3-1 地震科学探査機構から地震の予測情報を配信

津波シェルターの広告
津波シェルター「ヒカリ」
静岡で人気。耐荷重22トン。国内製造で最長50年保証の津波シェルター


(前回の記事の続き)

週刊現代3-1 地震の予測情報 地震科学探査機構
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/37571?page=3

村井氏は、そのときの後悔が、いまの活動の原動力になっているというのだ。
(東日本大震災の以前にGPSで異変が観測されていたにもかかわらず、発表できなかったときの後悔)

「私たちの基本スタンスは、当て推量でものを言うことではなくて、データを出すことなんです。この異常データを見て、おかしいと言わないほうがおかしいでしょう、と。

これまで、多くの地震予知は当て推量で語られてきました。だから『当たった、外れた』という単純な議論に終始し、科学的に深まることがなかった。

でも私たちは、当たらないことを恐れて、データがあるにもかかわらず何も言わずにいて、大地震で人が死ぬことには、もう耐えられない。せめて、『大地震が起こるデータが出ていますよ』という言い方だけでもしておきたいんです。

東日本大震災のように、1万6000人近い方が亡くなってしまってから、実はわかっていましたなんて後出ししても意味がない。誰かがどこかで役立てて、ひとりでも人命が救われれば、という気持ちでやっているのです」

村井氏は、活動の拠点づくりと情報発信のため、「地震科学探査機構」(JESEA)という会社を立ち上げ、顧問に就任した。

同社社長の橘田寿宏氏はこう話す。

「地震の予測情報は月額210円のメールマガジンで毎週、配信していますが、村井先生としては苦肉の策というところです。

すでに東京大学は退官されていて、国などから研究費の補助も受けられない。でもデータを解析したり、多くの人に情報発信したりするにも元手はいります。

会社にしてようやく事業が動き出しましたが、金銭的にゆとりがあるとは言い難いですよ。本当はもっと処理能力の高いコンピューターを使いたくても、なかなか手が出ない」

村井氏も、ビジネスとして地震予測を行うことは非常に難しいと率直に語る。

「ビジネスとしてはリスクの高いものですよね。おカネをいただいているわけですから、胃が痛くなるような日々ですよ。でも、我々はきちんとデータを出していくしかない」


(続く)

(「週刊現代」2013年11月23日号より)


地震や津波に関する雑誌参考記事

「南海トラフ巨大地震来年3月までに来る」東日本大震災と同じ異変

津波シェルターノアの水漏れトラブル

2020年東京五輪で晴海(埋め立て地)の選手村が津波に流される直下型大地震

世界的科学誌『ネイチャー』で発表「日本に南海トラフ地震がくる」

南海トラフ地震の発生確率、都道府県別の被害想定データ
 
関連記事


株式投資情報

管理人も使っている投資顧問サービス。登録は無料で、登録すると投資顧問会社から推奨銘柄情報が配信される(閲覧は無料)。確実性の高い投資情報はさらに料金を払って購入する必要があるが、私のような投資初心者は無料情報から利用すれば良いと思う。

↓↓↓↓↓

常勝株ジャーナル

スポンサー

Twitter静岡防災ブログ

オススメ出会い系

無料登録出会い系YYC

会員数日本最大 YYC


出会いSNS PCMAX(PCマックス)



会員数800万人以上

サクラ無し本物の出会い系

⇒【無料登録】イククル


検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

ランキング投票お願いします

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。